結婚する方法

年齢=彼氏なしの私が結婚するまでにしたこと

マッチングアプリ・サイトのコツ

マッチングアプリやサイトは

どうやったらいいかわからない人も

いると思うので、体験談を載せてみようと思います。

 

 

まず相手の男性を知るすべとして

以下のポイントがあげられます。

 

 

■プロフィール写真

プロフィール写真もいろいろな個性がでています。

例えば

 

◇ピン写でとにかく決め顔

・・・顔に自信があり自己愛が強いタイプか、ウケねらい

◇腕時計や車のUP

・・・収入に自信があるか、顔に自信がない

団体競技の集合写真のUP

・・・フットサルなどの集合写真をUPにして使用している                 ひとは共通の趣味の女性を探している可能性あり。

さみしがりや(?)

 

一概には言えませんが、このような尺度もあります。

容姿を重視している方には重要なポイントになってきますね。

 

 

■自己紹介文

まず内容はさておきあまりに長いプロフィールの人は

話も長い可能性があります。

また、会話にオチがない人も多いです。

読みやすい文字数で、要点をまとめられているか。

まずはそこだと思います。

 

 

■メッセージのやりとり

メッセージのやりとりは、上記では

読み取れなかった人となりもみえてきます。

仕事が忙しい男性は返信が遅くなったりしがちですが、

メッセージのやり取りだけでは、お付き合いしたわけではありませんので

気長に待ってもいいのかなと思います。

しかし、そこは人間。

会ってみたい女性には返信が速いとも言えます。

自分もそこまでピンとこないなら、会話の続かない相手とは

実際に会う必要はないのです。

私もなかには実際には会わない人もいました。

 

これらを意識することで、

お会いした男性のなかで、びっくりする位変なひとはいませんでした。

基本的には紳士で、相手をで尊重する方たちでした。

 

 

23歳男性経験ゼロからのスタート

 

中学・高校・大学(全て女子校)
23年間男性とお付き合いした経験ゼロ
私が24歳で結婚するまでの記録の記録です。

結婚はしたいけど、よい出会いがない(涙)

そんな方に参考にしていただければと
思っています。

遡ること、女子大4年の頃、
私は焦っていました。
なぜなら、男性と一度もお付き合いをしたことがなかったからです。
「まぁ、ゆうても女子大だからね、、、」
と自分を安心させつつも、内心焦っていました。


会話は結婚への初めの一歩!
まず男性と話してみよう

 

そこで私は、まず、男性に慣れることから始めてみました。最初に始めたのが、バーでのバイトでした。

私が働いていたのは、都内の某臨海地域のお店でした。
そこには、バリバリ働いて、一日の疲れを癒しにくる男性がたくさんいました。


夜バーに来て、お酒と肴を楽しめる、経済的に余裕のある男性が多かったです。
この点、高収入なかたとお付き合いしたい方は、チャンスが広がると思います。
そのような男性の中にもいろいろな方がいました。 


投資や年収自慢が多く、女性を愉しませる会話を知らない方、
人生経験に富み、あらゆる知的教養を身に着けているナイスミドルな方、
某一流商社に勤め、英語が堪能なイケメンだけど、酒癖の悪い方etc....
そんな方たちとカウンター越しに交流する中で、
「一緒に会話をしていると楽しい人が良い」
という理想の男性像が浮かび上がってきました。
これは、父親や教授以外の男性を知らなかった女子大生には
大きな進歩でした。

 

マッチングアプリやサイトで

月一回誰かと会ってみる


次に始めたのが、マッチングアプリ・サイトでした。
友達が「男性とまず食事するだけ」
というフランクな方法で、男性とデートしていたので、わたしも始めてみました。いろいろな業界の男性とデートをすることで価値観が広がり、勉強になりました。
ただ、全く知らない人と会うので、自分で目利きは必要になってくることと思います。
メッセージをやり取りする中で、

「自分に時間をかけてくれるひとかどうか」
「一般常識のあるひとか」

などチェックポイントがあると思います。

 

合コンの相関図は時にややこしい

後は時折、合コンをしてみました。

これは友達の友達だから、安心感がありますね。
 しかし、一度面倒くさい事例がありました。
合コンですが必ずしも、きれいにマッチングするとは限りません。
つまりは、自分が気になってる人が友達にアタックしていたり

友達が気になってる人から自分のほうにアタックがきたり、

そうゆうややこしい相関図ができてしまうことがあるのです。

 

 

 

クリエイティブ系の男性が多かったです↓