臨海地域はじめました🐠

\ hello /

   😗

 

臨海地域のショッピングモールで

四角いカゴバックを買った。

白っぽいヤシ科の植物で編まれいて

黒いラインが入っている。

持ち手もしっかり四角のため持ち辛い。が、

なんだか浴衣に合う気がして、

買ってしまった。

岡持ちに似ている。

細い麦酒瓶を2本ばかり入れて 

花火を観に行きたい。

 

ところで、私は臨海地域が好きだ。

タワーマンションと巨大なガラス張りのオフィスビルの合間には、もう夏の雲がでていた。

茜色に染まったどこかよそよそしい街では、定時帰りのサラリーマンたちがヒール或いは革靴で埋め立て地を歩いてゆく。みんな胸ポケットに社員証を隠して、それぞれの一日が干渉し合わずに終わってゆく帰路。

 

人と関わる仕事をしていると、このようにひんやりした土地が恋しくなる。

土地の人がいない街では、うわさ話も建設中の金属音が掻き消してくれる気がする。

 

受動的に毒を蓄えて仕事をするのを辞めたい。

いつまで学生気分が抜けない。

仕事が辛い、辛く、している。

アルバイトもまともにできやしなかった。

モラトリアムはいつまで?

 

No problem. Off you go then.

\ see you /

      😗